婚姻関係が破綻しているかどうかの話

別荘を利用した浮気に対応した浮気調査

被調査対象者が別荘やコテージを利用した浮気や不倫は浮気調査では数多く見受けられます。

車を利用し高速走行で別荘地を目指すケースが殆どであり、サービスエリアなどでトイレ休憩した際には「確実に浮気相手と二人きりの旅行」であるか確認することが重要となってきます。

このポイントは別荘を利用する浮気調査の案件では全ての動きのなかで注視しなければならないのです。

目的地で友人複数と合流するなどのケースもあり、浮気相手と二人だけの旅行では無い状況にもなりかねないのです。

そのような判断から「浮気の証拠として有効な旅行」となる条件で重要なポイントとなるのです。

そして、このような宿泊先の別荘やコテージは「探偵が接近して張り込みが可能なケースは皆無」と言えます。

ですから、別荘内の様子を伺うことはかなり難易度が高くなる場合が殆どと言えるのです。

このことから判断しても「食事の時の外出」や「飲食物や必需品の買い出し」などで外出する際に「二人だけ」という確認が出来る情報が重要となってくるのです。

別荘から外出して観光をする際も常に二人きりの行動であるかの確認が重要となるのです。

長期連休に浮気旅行を計画

長期連休に浮気旅行を計画し別荘やコテージを利用する際は多くの人物が「到着前に買い物をする」可能性が非常に高いと言えます。

もし、そのような場面で「何をどの程度購入したのか?」情報が得られるならば「何泊するかの判断基準」となるのです。

特にお酒を飲む人物ならば「まとめ買い」をする可能性が非常に高くなるのです。

当然、晩酌などのつまみも同時に購入するならば買い物の量が判断に大きく役立つと言えます。

逆にこのような買い出しが極めて少ない人物は「別荘から外出して食事や飲酒」の可能性が高いため、探偵が報告する「旅行内での行動が増加」するため好都合となるのです。

連休が間近になってくるとこのような浮気調査の相談や問い合わせは増加傾向にあり、探偵がご依頼を受けられる案件にも限りが出る「忙しい時期」と言えます。

早期にパートナーが外泊する予定を告げてきているならば調査計画を早期にたてることが望ましいと言えるのです。

このような連休に連泊を予定する浮気調査案件は高確率で「浮気の事実」を確認するには適したタイミングと言えるのです。

平日の退社後の浮気調査もタイミングが良いならば効果的と言えますが「旅行のタイミンと比較したならば可能性は大きく違う」と言えるのです。

無駄な調査は探偵が無能な証拠

旅行内での行動は二人だけであり、他の人物と合流の事実が無く、連泊したことが判明できたとします。

当然、別荘やコテージを引き上げる際も「車両に二人だけで帰路につく」ことが確認できたならば「浮気旅行の証拠」として有効な内容と判断できるでしょう。

既に浮気相手の素性が明らかになっているならば「帰宅まで確認する意味はありません」ので高速道路を自宅方面に走行したことが確認できたならば浮気調査を打ち切っても良いと判断できるでしょう。

帰宅までの調査は無駄な調査となるので多くの探偵はご依頼者の費用負担を軽減することを目的に調査を打ち切る判断を下すのです。

このような場面でも有能な探偵かどうかの判断はついてしまうものなのです。

依頼人の判断を抜きにした調査は良いこととは言えません。

しかし、探偵が経験上必要無いと判断できる調査内での多くの事柄は「無駄の削減」となって良い方向に向かうのです。

仮に調査を打ち切った直後にインター近くのラブホテルを利用したとしても大きな問題とはならないのです。

何故なら数日間の調査結果で二人きりで宿泊の事実を確認済みなのですから。

依頼人の希望する浮気の証拠が十分に蒐集できたと確信したならば余計な調査までして調査料金を余分に請求する必要もないのです。

↑ PAGE TOP