浮気調査は探偵事務所に依頼

浮気調査は探偵事務所に依頼

浮気調査を探偵事務所に依頼し浮気調査を実施する際に一番重要な注意点が何かご存知でしょうか。

浮気調査を利用される皆様にご確認して頂きたいことがあります。

それは「浮気調査を実施して将来的にどうされたいか?」を調査依頼される前に考えて頂きたいのです。

これには大きな意味があり、調査結果でご依頼者が受ける精神的ダメージを軽減する効果があることや、将来的にご依頼者に必要な行動が明確に判断できるきっかけとなることも大切な要因と考えております。

そして、調査に着手する段階で「調査の方向性」にも将来的な目的が明確になることで「無駄の無い細心な浮気調査が実施可能」となるのです。

曖昧な感情のまま流された浮気調査をご利用することは推奨いたしておりません。

誠意ある探偵ならば同様の判断を下し、ご依頼者に対し浮気調査を継続することよりも「現実を再確認」する時間を持つことをお勧めするのです。

そして、ご依頼者の気持ちを確認した上で明確な意思の基に「浮気調査を継続するのか?」はたまた「浮気調査を打ち切るのか?」ご依頼者自身の判断を下していただいております。

探偵が実施する浮気調査は「ご依頼者の立場に応じて必要な浮気調査を実施」することを優先していなければなりません。

離婚訴訟を想定された浮気調査ならば「定期的な複数回の証拠の取得を最優先にした浮気調査をご提案」し、パートナーの浮気を制止することが目的ならば「確実な浮気の日を想定した短期間の浮気調査」等を選択できるのです。

探偵調査に必要な3大要素

探偵がご依頼者様から求められる三大要素は「的確な結果報告」「納得のコストパフォーマンス」「問題解決をスピーディーにするためのアフターケア」と言えます。

この3大要素のいずれか一つでも欠けてしまっては、探偵としてご依頼者様のニーズに応えられず力量不足な探偵となってしまいます。

探偵事務所が実施する各種調査は、多くのトラブルを解消するお役に立つ調査を実施しております。

そして、最適な調査を選択し「スピーディーでローコストな調査」を心掛けております。

昨今の探偵業はご依頼の調査が終了すれば業務終了と考える探偵が多く存在します。

しかし、誠実な探偵事務所は本来の探偵業務を見失うことなく、ご依頼者に寄り添った業務を実施し「調査をまかせて良かった」とご依頼者が満足できる業務を実施していかなければならないと考えるのです。

探偵事務所は依頼人との信頼を大切にします

お客様に信頼されるサービスを提供する業務は探偵以外にも様々存在します。

そのような業種は信頼関係が存在して初めて「お客様に喜ばれる業務が提供可能」となるものです。

探偵業も同様であり、ご依頼人の抱える問題をクリアーにするためには「ご依頼人と探偵との信頼関係」が欠かせない条件となります。

緊急を要する事態に対応する場面や調査全般において失敗が許されない場面などは「必ず双方の協力が不可欠」となります。

そして、信頼しあっている間柄ならば困難な場面でも対処可能な事態も多くなると言えるのです。

困難な調査を実施し「根深い問題を解決」するためには「探偵と依頼人の信頼」が本当に重要と理解し、お互いの協力体制を確立する姿勢が必要となるのです。

浮気調査はご依頼者との連携が極めて重要

浮気調査はご依頼者との連携が極めて重要な調査と言えます。

いくら探偵が優秀でも「調査対象者の外出が午前か午後かの判断は付きません」このような判断を生活の中で得られる情報から判断していただき、協力体制をとることで的確でスピーディーな浮気調査が確立されてゆくのです。

ご依頼者の判断が浮気調査の中で生かされたならば「浮気の証拠取得は多くの時間を要さない」可能性が非常に高くなると考えられます。

逆にご依頼者の協力が全く得られない浮気調査は「想定が効かないため無駄な調査時間が増加」し「証拠取得までに必要となる期間も増加する」と判断できるのです。

ご依頼者の想定や判断が良い浮気調査は連携が良く、本当にスムーズに調査が進行するのです。

些細な情報であっても調査対象の言葉や行動には「裏付けが存在」するものです。

例えるならば「週末は同僚と飲食の予定がある」という話が調査対象者からあったならば「食事の準備が必要ない」という意味合いからの発言なのか?

それとも「帰宅時間が遅くなる」という意味からの発言なのか判断できれば「その日に浮気調査が必要か判断材料」と出来るのです。

このような発言や会話があったならば「何を伝えたいのか?」を念頭に置き「帰宅時間が遅くなる」という意味合いの発言ならば浮気調査の必要性が高くなると判断し探偵に調査予定を告げる必要があると考えられるのです。

浮気に必要な嘘に登場するキーワードで上位を占める言葉には「同僚と」や「上司と」更に「友人と」であったり「どうしても頼まれて」や「第三者が楽しみにしていて断れない」などの調査対象者の本意ではないと思わせるキーワードの言い回しが多くのケースで存在するものなのです。

本人が不本意で出かけた予定を後にあれこれ話に聞く人物はいませんから「後に嘘の上塗りの必要がない」という都合のよい状況となる嘘とも言えるのです。

このような判断がご家庭内で可能ならば「探偵との連携が良い浮気調査が可能」と言えます。

浮気をしている人物の「発言の裏に存在する本質」を見抜き、探偵との連携を深める浮気調査は誰もが納得する浮気調査の結果をもたらす可能性が高いのです。

連日の浮気調査により「高額な浮気調査費用が必要」という事態にもなりませんから、理にかなった浮気調査が実施できるとも言えるのです。

↑ PAGE TOP