婚姻関係が破綻しているかどうかの話

浮気相手の身元情報を知る

浮気や不倫が確実な状況で対策を講じたいと判断し、浮気や不倫の証拠(不貞の証拠)をもって浮気相手に対して請求できる権利を主張する。

確実に相手の対応がこちらに伝わるために弁護士などの必要な代理人を通じて行動を起こす。

これらの一連の請求事項を成立させるために「必要不可欠な情報は何か」ご存知でしょうか?

それは「浮気相手である人物の身元情報を明らかにする」ことなのです。

世間的には浮気や不倫に対策を講じたいと考えた場合には順序として「浮気の証拠を取得」し後に「浮気相手の素性」を調査する順序が一般的と考えられています。

当然ですが、浮気の立証が出来ない状況で浮気の事実や慰謝料請求の話をしても相手にされないでしょう。

場合によっては逆に名誉棄損で訴えられることもあるのです。

きちんと筋道にそった順序で「浮気相手に請求できる権利を主張する」ことが望ましい問題解決の手順と言えるのです。

探偵の浮気調査を利用し、代理人を通しての損害賠償請求ですので、探偵への調査費用と代理人の報酬を支払った上で浮気相手から受け取る慰謝料が一連の行為に発生する金銭の流れとなります。

もし、浮気相手である人物が支払い能力が無い人物であり無職であったり、支払いに必要な金額を持ち合わせていない場合も充分考慮した上で行動を起こさなければなりません。

この判断を抜きにして「浮気調査や慰謝料請求等はお考えにならないこと」をおすすめします。

このようなことも想定すると「浮気相手がどのような生活環境で職業なども情報として得られる」ことはメリットが多いと判断できることでしょう。

浮気調査の範囲で浮気相手の様々な情報が得られたならば良いのですが、多くのケースでは「浮気相手の身元情報は別調査」となってしまうものなのです。

疑惑がある人物の身元調査

世間では仕事上で知り得た情報の社外への持ち出しは禁じられています。

社内情報の持ち出しにより、ライバル他社へ情報を持ち出し退社する人物は多数存在し「情報を持ち出された会社は損害を受ける」こととなってしまいます。

このような疑惑は繰り返され、根本的な解決策は社内だけでは打てないという状況が色濃く、悩みの種として疑惑のみが残ってゆくこととなります。

このような疑惑の解決策として多くの法人様が実施する「身元調査や身上調査」は現在考えられる対処法として唯一有効な方法であると考えられます。

疑惑のある人物について「社内で認識している情報に間違いや虚偽」が存在しないか社内調査で明らかにし、間違いや虚偽の申請が存在したならば「探偵や興信所が実施する素行調査をもって接点のある人物」を確認する。

このような身元調査からの素行調査は「法人が抱える問題解決では有効な手段」として認識されております。

経歴詐称が多く表面化する現代において、社内で把握している経歴の再調査は「疑惑解明の手順として第一歩」と判断できるのです。

おかしな点が存在する人物ならば「掘り下げた調査を実施する」ことが多くの法人様が下す判断と言えるのです。

もし、このような社内調査や社外調査が実施されない法人は世間からの信頼を損ない企業としての人気・イメージ共に失うこととなってしまうのです。

現代における身元調査のニーズ

個人情報の取り扱いが厳格である現代社会は一方では「危機管理が機能困難」な時代とも言えます。

悪意から個人情報を守るために多くのセキュリティーや法規を整備してきましたが、実際に個人がトラブルに巻き込まれてしまい、保身のためにトラブルの相手である他者の個人情報を取得しようとしても「身元情報が取得困難」な状況でもあるのです。

刑事事件ならば捜査上に必要な情報として取得可能な情報が「民事事件の範囲で必要な個人情報の開示」は本当に困難なのです。

このような矛盾とも言える不具合は昨今多く話に聞く機会があります。我々探偵が実施する身元調査に関しても協力的な人物は少数と言えるでしょう。

調査目的が差別に関わらなくとも「個人情報は口外しない」という判断が一般的となっているのです。

正当な理由が存在しても「保身に必要な情報入手が困難」な社会がどのような状況か「民事事件の被害者に自身がなる」ことがなければ認識できないと言えるのです。

身元調査のニーズがある善意の人物が情報を得られない状況は何かがおかしいとしか言いようがなく、早期に細かな改善が求められる状況にあると言えるのです。

たった一人の個人に有効に機能しない法規は、万人に機能しないことは言うまでもありません。

身元調査を携わる探偵にとって非常に残念としか言いようがないのです。

↑ PAGE TOP