浮気調査の罪悪感と立場が逆転する話

浮気調査は罪悪感を感じることなのか

「浮気調査を行うことに罪悪感や後ろめたさを感じる」という人もいるみたいなんですよね。

その理由は、他人(探偵など)を使い、ひそかに尾行や張り込みによって旦那さんや奥さんの行動を調べる、というものだからだと思います。

調べた結果、浮気をしていなかったとしたら・・・という意味で後ろめたくなってしまうわけですよね。

ただ、浮気が思い過ごしだったとしても、結局その時間に何をしていたのかが気になってしまうと思います。

それは一度不安や疑いを持ってしまったなら仕方のないことではないでしょうか。

そもそもそんな不安や疑いを自分の旦那さんや奥さんに持たせてしまう方にも問題があります。

人間、言葉だけでは気持ちが収まらなかったり、納得ができないこともあるのです。

行動で示されなかったために調べるに至った。

お互いに問題があり、どちらか一方だけが罪悪感を感じることではないような気がします。

夫や妻が不倫している場合

一緒になった相手に情が湧くというのはあると思いますが、実際に夫や妻が不倫している時に浮気調査に罪悪感や後ろめたさを感じている場合ではありませんよ。

不倫している夫や妻が考えることの一つは「バレない限り不倫は続ける」ということだからです。

お互い冷めきっていて、子供もおらず、もしあなたがすぐに離婚しても恋愛や収入面でやり直せるなら、極端な話、全く気にせずに放置しててもいいかもしれません。

もしそうでないなら、あなたはずっと苦しめられることになります。

一度きりの過ち、というのはもしかしたらあるかもしれません。

小説やドラマ・映画のような、そんな美しく語ろうと思えばできるようなケースももしかしたらあるかもしれません。

しかし、どっぷりハマった後に罪悪感を感じて「もう不倫はやめにしよう」なんて改心するケースはおそらく稀でしょう。

正直、そんな辛い心境で不倫をする人、不倫を続けている人なんてほとんどいないと思います。

だってそもそも「不倫」という行為が自己中心的で自己愛に満ちた行為じゃないですか。

そこで突然、自己中と自己愛から目覚めて改心することなど普通はできるわけがないです。

もちろん夫婦の問題は単純ではないですし、子供がいればもっと複雑な問題となるでしょう。

但し、離婚してから交際相手を見つける、離婚してから好きになった相手に想いを告げる、ということは可能なわけですよね。

これはもちろん色々と失うものが発生するリスクのある行為です。

そういったリスクを取らずに不倫をしてしまうため、自己中で自己愛に満ちている人間と言えるわけですね。はい。

不倫夫・妻の浮気調査で立場が逆転する

浮気や不倫をされると悔しいという感情は必ずあると思います。

そしてたいていの場合、不倫している方がある種の主導権を握ってしまいます。

不倫している方が最も大事に思うものは「自分」です。

自分以外のものを傷つけても不倫することを選んでいるからです。

しかし、不倫されている方は自分というより「家族」や「家庭」であることの方が多いでしょう。

もちろん自分も大事ですが、家族や家庭を守るためには自分を犠牲にすることも考えてしまうのではないでしょうか。

ここで肝となるのは、不倫がただバレただけでは罪にも慰謝料にも離婚の問題にもならず、根本的な解決にもならない、というところです。

不倫がバレようがバレまいが、償いをさせる手段がなければ「自分が一番」な人にもともと失うものは何もないです。

じゃあどうするかといったら、やはり浮気の証拠を取って本人と浮気相手を追い詰める、慰謝料請求や離婚を請求するという答えになります。

浮気の証拠が取れて、本当に喜んだ人を何人も知っています。

これで苦しい立場、悔しい思いをさせられた立場を逆転できる!という喜びであると見受けられました。

一時期ものすごく話題になった「ベッキーさん&川谷さんのゲス不倫」は、結末も含めて典型的な好例だと思いますね。

↑ PAGE TOP